尼崎市 離婚 慰謝料 財産分与 親権

取扱業務

夫婦間の紛争
(財産分与・慰謝料など)
夫婦間の紛争は、その後の生活に直接影響する重大な問題です。感情的に処理せず少し冷静になって専門家のアドバイスも聞いてみましょう。

 離婚に伴う慰謝料や財産分与、養育費など夫婦間の紛争は、当事務所に訪れる法律相談の中でも、とりわけ多い分野です。
 例えば、未成年の子供を引き取って離婚するにあたり、自分の収入だけでは今後とても生活できないので、夫から養育費を支払ってもらいたいといった相談。 
 養育費は子供が成年するまで支払いを続けることになりますので、途中で支払いが滞ることもよくあります。
 履行の強制に心理的圧力をかけ、万一滞った場合のことを考え公正証書で契約しておき、執行力まで付けておくことがベストですが、それより大事なことは、相手方の生活力も考慮し、任意の支払いが期待できるような契約内容にしておくことです。
 相手にとって負担の大きい養育費で合意したばかりに、早期に支払いが滞ってしまうようでは、意味がありません。


 又、自宅の財産分与や住宅ローンの精算に関する相談もよくあります。離婚し自宅は財産分与で譲り受けるが、住宅ローンは夫婦のペアローンになっている場合などです。
 このような場合、住宅ローンの負担についても話し合いをし、場合によっては銀行などとも協議をし、債務引受と引き換えに自宅を財産分与で取得するといった内容の協議を成立させ、契約書作成、登記手続きをすることになります。


 他にも、慰謝料の支払いについて合意し離婚するにあたり、これに連帯保証人を付けてもらい、場合によっては連帯保証人所有の不動産に担保を設定するといった内容の離婚協議を公正証書で締結することもありますし、夫婦ではありませんが、内縁関係が破綻した当事者からの相談で、内縁関係解消に関する慰謝料等の合意に関する契約書を作成したり、私通関係により生まれた子供の認知及び養育費についての合意に関する契約書を作成するなど、様々な内容の相談があります。


 いずれに致しましても、多額の財産に関することであったり、今後の生活に直接影響することでありますので、できるだけ法律専門家関与のもと、後日、紛争のぶり返しにならないような法的解決をし、確かな証拠書類を残しておくことが、より安心ではないかと思います。


 夫婦間の問題や内縁関係の問題でお困りの時は、まずは簡単な相談を受けたいといった程度でも結構ですので、どうぞお気軽に、当事務所までご相談してみて下さい。


一覧に戻る>>