尼崎市の新井司法書士事務所です。

ブログ

家族でスキー旅行
【2011/02/21 16:45】

家族でスキー旅行 家族でスキー旅行
 2月11日からの3連休をつかって家族で長野県の栂池高原にスキー旅行に行ってきました。3年ほど前に六甲山の人工スキー場に家族で日帰りで行ったことはありますが、本格的な自然雪でのスキーは今回が初めてです。
 出発は前日10日の午後11時半、新大阪駅から夜行寝台列車「きたぐに」に乗り目的地へ向かいました。3連休前ということもあり列車は混雑していましたが、子供たちは初めて乗る寝台列車に興奮気味で楽しそうでした。朝は5時半頃に糸魚川という駅につきそこからさらに鈍行電車で約1時間半かけて南小谷という駅まで行き、さらに村営バスに乗り20分程でスキー場・宿泊ホテルに到着します。
 ホテルに着いてすぐにアーリーチェックインを済ませ、スキーウェアに着替えてスキーセットのレンタル手続をし、スキー靴に履き替えて、さあ滑りに行こうという時には、すでに11時過ぎになっていました(この時点でかなりヘトヘト)。
 昼から6歳の長男と4歳の次男はスキー学校に入れ、2歳の長女を私が連れて、キッズパークでソリ滑りをしましたが、長女は滑るときも登るときもソリに座りっぱなし状態、20回程滑りソリを引っ張り続け、クタクタのヘトヘトになりました(長女は大変喜んでいましたが)。
 2日目も10時過ぎ頃からスキー場に行き、最初は長男もソリ滑りなどをしていたのですが、せっかく長野県まで来たのだし、スキーが滑れるようになってスキーが楽しいと感じて帰ってほしいと思い、私と二人で練習を始めました。
 最初はもちろん上手には滑れず、怖がっていましたが、少しずつバランス感覚やスピード感をつかむようになり、1時間もすればだいぶ滑れるようになりました。
 それからは、何度もリフトで二人で上までのぼり、広い山を気持ちよさそうに、とても楽しそうに滑っている姿を見ると、親も大満足、本当にスキーに連れて来て良かったと思いました。
 帰りの列車でも家族5人で席4つを向かい合わせにして、本を読んだり弁当を食べたり、とてもゆったり快適な空間を過ごし、無事大阪まで帰ってくることができました(たまには列車の長旅もなかなかいいものです)。
 小さい子供を連れてのスキー旅行は大変ですが、本当に行って良かったです。
 来年からも毎年スキー旅行に連れて行くぞ!!